カジノのスロットマシンの音

リールがストップしてアクションが発生する時の音、リールがカタカタと音を立てながら回転する音、ジャラジャラと音をたてて何千ものクレジットが加算されていく音などを思い出してください。ジャングルをテーマにしたゲームのBGMや、狂ったようなけたたましい音は、ジャックポットに到達した時にプレイヤーを挑発し、客を惹きつけるように設定されています。

スロットが立てるさまざまな音のハーモニーは特別なものがあります。それは、カジノのフロアで聞く場合でも、オンラインスロットを楽しみながらコンピューターやタブレットから出る音を聞く場合でも同じです。それが実際どのようなものだったか忘れてしまった方は、入金不要の完全マルチプレーヤースロットゲームをプレイすれば、私が何を言っているのかお分かりになるでしょう。

各スロットマシンメーカーには一般的に、新作ゲームのためにサウンドやメロディーを担当するクリエイターや制作会社がいます。こういった音は新しく作られることもありますが、同社の他の作品から借りてくることもあります。

プレイヤーを夢中にさせる音

スロットのサウンド制作は退屈でつまらないものだと思っていませんか?求められる創造性や、自分が作りたい音楽の種類、自分が望む職場環境などによっては、そうだと言えるかもしれません。また、サーカスが好きな人なら、スロットの効果音を微調整する仕事を楽しめることでしょう。

私はこういった音のおかげでスロットマシンメーカーの正社員になることができたと思っています。スロットのサウンド制作は素晴らしい仕事です。さまざまなジャンルの曲を作ったり、社内の専門レコーディングスタジオで生演奏の録音ができたりするほか、最先端のオーディオソフトウェアやサンプル音源ライブラリを使用する機会が得られるのです。さらに、作曲家、アーティスト、オーディオエンジニアからなる経験豊富でクリエイティブなチームによるトレーニングを受けることもできます。

サウンド作り

スロットマシンのプランニングでは、まずデザインの確認を行います。スロットマシンには「ギリシャ神話の神々」のような特定のデザインがあるだけでなく、ゲームに搭載される機能やグラフィックも決められているものです。

これによって、ゲームのBGMクリエイターが出来ることも決まってきます。ゲームに関する情報をくまなく調べ、画像をすべて確認し、どのような機能があるのかを再び考えるのです。

また、エルビス・プレスリーやジェームズ・ボンドをテーマにしたスロットなど決まった公認テーマがある場合は、該当するアーティストの人気曲を使用する権利が与えられます。

音の冒険

スロットマシンに使われる曲や効果音は、新人インディーズアーティストの最新アルバムのようにワクワクするものではないかもしれませんが、音楽ビジネスの一部であることは間違いありません。多くのミュージシャンは企業向けにCM用楽曲を書くなど、利益に繋がらない夢のような仕事を行うことで生計を立てているのです。

スロットマシンのサウンドデザインや開発の仕事がしたいと思ったら、大手の求人に目を通してみるといいでしょう。何が見つかって、それがどんな未来に繋がるかは誰にも分かりません。

次にスロットマシンのレバーを引くことがあれば、マシンが出すさまざまな音に注目してみてください。ビッグウィン、スタックドワイルド、フリースピンなどをゲットできるか、音に注意を払ってみるのもいいでしょう。ゲームのサウンドトラックは、どの部分であっても慎重に考えられ、想像力がめぐらされています。もしかしたら、楽しげな音や巧みに選択された効果音によって、新しいお気に入りのゲームができるかもしれません。

皆さんのギャンブルライフがより充実したものになることを祈っています!